スクールの種類

飛行機の免許を取得する方法にはどのようなものがあるのかというと、大きく分けて4つあります。1つ目は各航空会社で自社養成するためのパイロットを募集しているときは、それに応募して採用される方法です。2つ目は航空大学校に入学する方法で、3つ目は自衛隊に入り飛行機に乗るための勉強をするという方法です。4つ目は全て自費で民間の飛行機のパイロットを養成するスクールに通う方法で、これら4つの方法のうち、どれかで飛行機のパイロットになるための免許を取得することができます。

飛行経験基本的には4つのどの方法も狭き門となっています。本当に飛行機の操縦士になりたいという夢を叶えることができるのは、4つの中でどれなのか、どんなスクールに通うべきなのかを見極めることが重要になってきます。大手の航空会社で働きたいのであれば各航空会社が自社養成しているスクールが良いですし、官民あらゆる就職先があるのが航空大学校です。戦闘機などの飛行機に乗るためには航空自衛隊に入隊する必要がありますが、まずは免許を取得したいと思っている人は民間のスクールでも問題ありません。

このように飛行機の免許を取得するためには、それぞれのスクールの特徴を理解しておく必要があります。免許を取得したらすぐに飛行機のパイロットになれるのではなく、飛行経験が必要になってきます。続いては、自家用と事業用について説明します。