自家用と事業用

飛行機の免許は大きく分けて自家用と事業用に分けることができます。自家用であれば全国にある民間のスクールに通って、飛行機の操縦に関する講義を受け、飛行訓練を実施して試験に合格すれば飛行機の免許を取得することが可能ですが、これでは就職することができる可能性が低いです。免許を取得するところまでは問題なく取得することができますが、問題はその後になります。

免許を取得する飛行機の免許スクールでも民間の多くが事業用ではなくて自家用の免許になります。自家用の免許はエンジンが1つの単発機の免許になるので、これでは就職できる可能性も少なくなってしまいます。そのため、さらに自家用飛行機の免許からワンランク上の事業用の免許を取得することになります。

自分がどのような飛行機に乗りたいかによっても変わってきますが、大きい飛行機に乗りたいと思ったら、航空会社の自社養成パイロットに応募して採用されるか、航空大学校に入学するか、航空自衛隊に入隊したほうが、様々な就職の幅が広がってきます。免許を取りたいと思ったら最初の段階でそれぞれのスクールにどのような特徴があって、そこで免許を取得すると就職するときにどのような飛行機に乗ることができるのかを理解しておきましょう